Dental Cavity

矯正にかかる費用と支払い方法|ローンも組める

人気の治療方法

比較的軽い矯正に効果的

歯磨きする女性

色々な矯正治療を行っているみよし市の歯科クリニックでは、インビザラインという方法も選べます。インビザラインはアメリカ発の比較的新しい治療法で、日本でも取り入れる施設が増えてきました。インビザラインの場合は、ワイヤーや固定金具を使用せず、歯茎や口の粘膜を傷つけることが少ないことから、みよし市の歯科クリニックでも多くの方が選択をしています。矯正治療は、歯に人工的に力をかけて歯並びを直していきます。こういったプロセスでは、かなりの確率で痛みが発生します。金属の金具が原因となって、歯周病や虫歯、口内炎などが増えてくるのも、1つの問題でした。みよし市の歯科クリニックが初めているインビザラインは、プラスチック製の装置を歯にかぶせるだけで行えますので、これまで見られた矯正治療の問題が少なく抑えられます。透明なインビザラインの装置は、自分のペースで取り外しが出来ます。食事や歯磨きの時には装置を外せるため、不快感が減ります。歯科医師の指導に従って行う限り、このような使い方をしても効果が落ちることはほとんどありません。メリットの大きさが評判を呼び、みよし市の歯科クリニックでもインビザラインは人気の矯正治療の1つです。しかしながら、矯正のアプローチによってはこのインビザラインが適さない場合もあります。抜歯が必要になる大がかりな矯正では、インビザラインだけでは治療が難しくなります。インビザラインは人気の治療法ですが、個人にどの程度適応するか考えておくことも必要です。

本人次第で治療期間が違う

笑顔の女性

透明なマウスピースによる歯の矯正、インビザラインは取り外しができる画期的な矯正装置です。装着しない期間は当然ながら矯正をすることにはならないため、その分、みよし市で受ける歯科治療の期間は長く見る必要があります。インビザラインが向いている人は、イベントがありその期間には外しておきたい、接客業であり矯正していることが分からないようにしたい人でしょう。同じマウスピース矯正の中でも一番患者の負担が少ないと言われているのがインビザラインです。金具の矯正が難しい人は、たとえ治療期間が長くなってもインビザラインが向いています。みよし市の歯科への来院回数が少ないという点でインビザラインは優れた治療方法です。一度歯型を取ってしまえば、治療期間に使うマウスピースをまとめて作ってくれるからです。2週間ごとに交換が必要ですが、そのたびにみよし市の歯科に通う必要はありません。また、早く矯正したい人はなるべく外さないようにしておくことで時間がかかるというデメリットをなくせます。自分の都合に合わせて治療期間を変更できるので、みよし市の歯科では患者のペースに合わせることが可能です。水分を取るときはマウスピースをつけたままでもいいですが、食事の時には外すようにします。歯磨きの時も同様に外しておくのでそれが面倒だと感じる人もいるかもしれませんが、矯正器具をつけたまま食べるほうが食事を普段と同じように楽しむことはできません。金具の矯正器具の場合は歯磨きも大変ですので、それに比べれば外したりつけたりするマウスピースのほうが面倒ではありません。

デメリットもよく知って

ウーマン

インビザライン矯正は、見た目にもわかりにくい矯正方法や治療の手間が少ない矯正方法としても人気を集めています。全国的に取り入れる矯正歯科が増えていますし、みよし市もまた、例外ではありません。みよし市にある矯正歯科の宣伝を見ると、インビザラインという言葉が躍っているケースも少なくないでしょう。みよし市の宣伝を見て、そんなに楽なら、やってみても良いかなと感じる方も多いかもしれませんが、ここには一つ、頭に入れておきたい重要な情報が隠れています。確かにインビザラインは、デメリットが少ない治療法として知られています。自由につけたり外したりすることができるので、お手入れに困ることもありません。また好きなものが食べられないと嘆くこともないでしょう。しかし矯正用のマウスピースは、少しずつ歯を動かしていくための装置です。特に最初の時期には、常に違和感を抱くことになるでしょう。ここで自分に負けてしまうと、せっかく作ったマウスピースを、無駄にしかねないという事態になってしまいます。インビザライン矯正で大切なのは、なぜ治療を行っているのかや頑張ったあとに、どんな未来が待ち受けているのかを具体的にイメージすることです。だからこそ、なりたい自分のイメージがはっきりしている、大人向けの矯正内容だと言えるでしょう。みよし市にもインビザライン矯正をしてくれる歯科は多数ありますが、メリットだけではなく注意点についてもきちんと説明してもらえるのが理想です。